クレンジングはオイルとジェルどっちがいいの?肌によくないのは?

クレンジングオイルジェルトップ

こんにちは!めぐみです。

「クレンジングオイルとジェルって、どっちがいいのかなぁ?」

そんな風に思ったり、悩んでいたりしませんか?

クレンジングを選ぶといっても、どちらも成分が違うし、

肌に合うのかもわからないから、選ぶのに時間がかかってしまう・・・

こういった事って、たぶんよくありますよね。

こちらのページでは、

そんな「クレンジングオイルかジェルかで悩んでいる」あなたに向けて、

クレンジングオイルとジェルの選び方を紹介します。

めぐみ

この知識さえ知ってしまえば、

あなたも「自分の肌に合うクレンジング」を選べると思うので、
参考にしてくだいね☆

\クレンジングのおすすめは?/

クレンジングおすすめランキングPC

クレンジングオイルの特徴とメリット・デメリット

クレンジングオイルは濃いメイクもきれいに落とせる

クレンジングオイルメリット濃いメイク

オイルタイプのクレンジングは、指滑りがとてもよく、

アイメイクや濃い密着タイプのメイクにもよくなじみます。

油でしっかりとメイクを浮き上がらせることができるので、

アイメイクなどの濃いメイクも、摩擦がすくなく落とせるのが魅力。

使用後はさっぱりとした感触なので、

濃いメイクが好きな人には欠かせないアイテムです。

ダブル洗顔がいらないものも多いので、

濃いメイクを簡単に落としたい人にとって、

クレンジングオイルはとても大切な役割を持っています。

クレンジングオイルのメリットは洗浄力の強さ

クレンジングオイルのメリットは、

少量でもメイクをしっかりと洗い落とせる洗浄力の強さです。

少し馴染ませただけで、どんなメイクも基本落とせます。

クレンジングオイルメリットメイク落ち

皮脂や汚れをしっかりと油で浮かせて落とせるので、

短時間でメイクを落とすことができます。

時間をかけて落とさなければいけなかったジェルとは異なり、

早ければ数秒でしっかりと落とせるのがクレンジングオイルのメリットですね。

それからクレンジングオイルのなかには、

濡れた手で利用できるものもあります。

「でも、濡れた手で使ったら落ちにくくなるんじゃないのー?」

という疑問もありますが、心配ありません。

クレンジングオイルは洗浄力が強いので、

問題なくメイクを落とすことができますよ。

クレンジングオイルのデメリットは肌への負担

バッチリメイクも簡単に落とせるクレンジングオイルですが、

肌に必要な皮脂や水分まで奪ってしまうので、

場合によっては肌に悪影響を与えてしまいます…!

クレンジングオイルには「界面活性剤」と呼ばれるものが含まれていることがあり、

この成分が肌に良くないんです…!

「界面活性剤」って何だかよく分からない言葉ですけど、これ知っていましたか?

メイクを簡単に落としてくれるのはメリットですが、

成分や使い方によっては肌への負担が大きいのがデメリットですね・・・。

なので使う際は、肌を傷つけないよう注意しながら、優しく利用するようにしてください。

うるおいを必要以上に奪わない成分で構成されている

クレンジングオイルを使うのも手ですよ。

ちなみに!私は肌にやさしいクレンジングオイルと評判だった

この「アテニア クレンジングオイル」に変えて肌状態を改善しました。

アテニアクレジングオイルW洗顔が不要

使ってすぐに「肌トラブルを解消できる」とはいきませんが、

2ヶ月程使い続けたら肌がここまで回復したんです!

クレンジングオイル肌変化画像

クレンジングオイル肌アップ画像

最初は「肌にやさしい」って言ってもクレンジングオイルだし

「どうなんだろう…?」と不安でしたが、

実際に使ってみてかなり良かったので、悩んでいる人にはおすすめしておきます(*^^*)

めぐみ

最後でもいいので、よかったらこちらのレビューも参考にしてくださいね。

 こんにちは!めぐみです。 アテニア「スキンクリアクレンズオイル」の角栓ケア効果ってどうなんだろう? 「オイルだから乾燥...

クレンジングジェルの特徴とメリット・デメリット

クレンジングジェルは水性と油性の2種類がある

クレンジングジェル2種類

クレンジングジェルには水性と油性の2種類があり、

それぞれ使用感や配合成分が異なります。

メイクが落ちにくく、肌荒れしやすい側面があるため、

敏感肌の人には向きません…!

でもクレンジングオイルなどと比べると、

その性能は弱くデメリットになり、肌に優しいというメリットもあります。

使い心地に関する感想は人によりますが、

配合成分を理解すると、クレンジングジェルの良さを理解することができますよ☆

「どうやって使えばいいの?」と思っていた方は

この機会に使用方法を見直してみては?

水性のクレンジングジェルは洗いあがりがさっぱり

水性のクレンジングジェルは、まつエク中の人でも使える、

優しい成分で構成されているのが特徴ですね。

さっぱりと洗いあげることができ、肌への負担が最小限で済みます。

ただ、濃いメイクは落ちにくいこともあるので、注意が必要です…!

クレンジングジェルデメリット

オイルインのものを選ぶことで、その問題を解消することができます。

場合によっては肌に負担がかかることもあります。

購入する際は、オイルインなのか、アルコールなどは含まれているかなど、

よく確認してから購入しましょう。

使い方次第では、有効に利用することができるので、まつエクをしている人は

この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

油性のクレンジングジェルのデメリットは肌荒れしやすい

油性のクレンジングジェルは、

メイクをきれいに落とせる反面、肌への負担が大きいんですよね。

油性のため、肌なじみはよく滑りやすいですが、

ゴシゴシ擦らなければならないこともあり、肌を傷つけやすいんです…!

水性のジェルとは異なり、まつエクを付けていると

取れやすくなってしまうこともあります。

肌荒れの原因になってしまうことも多いため、

肌が弱い人やまつエクを利用している人には向きません。

他のクレンジングと比べて、割高なのもデメリットです。

購入する際は、油性のクレンジングジェルはなるべく避けて購入する事をおすすめします。

クレンジングオイル・ジェルはどちらがいいのか

クレンジングオイルはオイリー肌の人におすすめ

クレンジングオイルオイリー肌

オイリー肌の人には、クレンジングオイルがおすすめです。

「もっとオイリー肌にならない?」

と不安になりがちですが、問題ありません。

クレンジングオイルは、肌の油分を取り除いてくれます。

そのため、余分な皮脂をしっかりと取り除き、

きれいな状態に整えてくれる効果が期待できますよ!

ただ、擦りすぎたり、

乳化をしないでクレンジングオイルを利用していると、

乾燥肌を引き起こすこともあります。

なので優しく洗い流すなど、ケアの方法には気を付けてくださいね(*^_^*)

めぐみ

市販のクレンジングオイルのおすすめが気になるという人は、

以下の「クレンジングオイルランキング」も参考にしてみてください。

※こちらのページでは「おすすめのクレンジングオイルランキング」として、

私が肌トラブルに効果を感じたクレンジングオイルTOP3を紹介しているので、悩んでいる方はチェックしてみてくださいね☆↓

\私が選ぶTOP3/

クレンジングオイルおすすめランキング

おすすめのクレンジングオイルランキングTOP3を見てみる>>

クレンジングジェルは混合肌の人におすすめ

クレンジングジェル混合肌

それから混合肌の人に、クレンジングジェルは特におすすめです。

さらに、水性のクレンジングジェルであれば、

肌への負担を最小限にとどめることができ、優しくケアできます。

体調やホルモンバランスによって、オイリー肌になったり、

水分が少なくなることが多くある、混合肌。

そのため、優しく洗い流さなければ、すぐに肌質が変化してしまいます…!

水性のクレンジングジェルであれば、

常に優しく洗うことができます。しかし、濃いメイクには向きません。

濃いメイクをしたい場合は、ポイントリムーバーなども使って、

あらかじめ濃いメイクは落とすなどしましょう。

どちらのクレンジングも乾燥肌には向かない

残念ながら乾燥肌の人には、オイルもジェルも向きません

と言うのも、使用方法や摩擦、成分によっては、

肌に大きな負担がかかるからです。

オイルもジェルも、肌から必要な成分まで奪っていってしまいます…。

人によっては、それが原因で肌荒れになることもあり、

乾燥肌の人は、肌から必要な水分まで奪われることもあるので、

正しい方法で利用していても肌が荒れてしまうことも・・・。

ですが、濃いメイクや洗いあがりのさっぱり感がしっくりきていて、

「どうしても使用したい」という場合は、

肌に優しい成分で構成されているものを利用しましょう。

クレンジングジェルもクレンジングオイルも肌に良くはない

どちらも肌荒れしやすく、肌への負担が大きいから

クレンジングオイルも、クレンジングジェルも、

場合によっては肌への負担がとても大きく、

毎日使うことで「肌荒れや乾燥肌」などのトラブルを引き起こしてしまいます…。

敏感肌や乾燥肌の人はとくに、その影響を受けやすく

間違った使用を重ねることで肌に赤みや乾燥が発生することも・・・!

そうならないように、正しい方法でクレンジングをするか、

成分が優しく、肌への負担が少ないものを利用することをおすすめします。

肌に負担が少ないのは「アテニア」のクレンジングオイル

アテニアクレンジングオイル肌負担が少ない

アテニアのクレンジングオイルは、肌ステインと呼ばれる「くすみ」を解消して、

肌への負担を最小限にとどめながらメイクを落とすことができます。

また、天然由来成分で構成されているので、

肌にかかる負担が少なく、最小限の摩擦でしっかりと汚れが落とせるんですよ。

それから、汚れを落としながら潤いを補充できるので、

洗いあがりに乾燥や肌のハリ不足を感じることがありません

優しい力でメイクをしっかりと落としながら、

栄養を与えてくれるのは、アテニアのクレンジングならではなんです。

アテニアのクレンジングオイルは成分にこだわって作られているから

アテニアのクレンジングオイルには、ロックローズオイルが含まれています。

この「ロックローズオイル」について、もう少しだけ説明すると、

角質に働きかけて、メイク汚れと一緒に肌ステインを切り離す効果がある成分になります。

アテニアクレンジングオイルロックローズオイル

そのため、アテニアを毎日使用することで、

メイクや汚れによってできた角質の汚れをきれいすることができるので、

肌の状態をきれいに整えながら、栄養も補給できるというわけなんです。

「クレンジングオイルは肌荒れするから・・・」と、

思って避けていた人は、

この機会に一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上が「クレンジングオイルとクレンジングジェルの選び方」についてのまとめとなります。

今回紹介したように、間違った知識でクレンジングを選ぶと、

乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

そうなる前に、自分の肌質を見直して、

しいスキンケアを行っていけば、次第に肌も改善されていくと思いますよ。

正しい知識を身につけて、自分にあったクレンジングをさがしてみてくださいね(*^_^*)

ここまで読んでくれた方は、ありがとうございます☆