クレンジングオイルにW洗顔は必要?不要?洗顔の順番と正しいやり方とは?

クレジングオイルW洗顔まとめ

こんにちは!めぐみです。

「クレンジングオイルって、ダブル洗顔が必要なのかな?」

そんな風に思ったり、悩んでいたりしませんか?

クレンジングオイルは洗い流した後に、ヌルつきを感じることもあるので、

ダブル洗顔不要となっていても「やっぱり洗顔したほうがいいのかな」って、

ちょっと不安になりますよね。。

こちらのページでは、

そんな「クレンジングオイルはW洗顔が必要なのか悩む」あなたに向けて、

W洗顔が必要な肌質・不必要な肌質と、

クレンジングオイルの正しい使い方について紹介しています。

めぐみ

このページを読めば、

あなたも「自分の肌に合った正しいクレジング方法」がわかると思うので、
参考にしてくださいね☆

\クレンジングのおすすめは?/

クレンジングおすすめランキングPC

クレンジングオイルにW洗顔が不要な理由3つ

クレンジングオイルの後の使用感や感覚として、

W洗顔したいと考える人が多いと思います。

不必要な場合と、必要な場合では何が違うのか、順番に紹介していきますね(*^_^*)

W洗顔が不要な理由①クレンジングオイルは洗浄力が強いから

クレンジングオイルの洗浄力

クレンジングオイルは、クレンジングミルクやクリームなどでは落としにくい、

マスカラや口紅など、濃いメイクも簡単に落とせる洗浄力が魅力のクレンジング剤ですが、

敏感肌や肌トラブルの多い人との相性はあまりよくありません。

洗浄力が強いので、濃いメイクや

どんなメイクでも簡単に落とせる分、肌にかかる負担も大きくなるので、

ニキビや肌荒れが悪化することも・・・。

クレンジングオイルは、肌の不要な汚れをしっかりと落としてくれるので、

W洗顔の必要がなく、日々のスキンケアの時短をおこなえますよ♪

W洗顔が不要な理由②洗顔まですると、肌に必要な保湿成分が失われるから

洗浄力が強いクレンジングオイルを使っていても、

ぬめりや汚れの落とし残しが無いか気になる人もいるかと思います。

しかし、そこで洗顔まで行ってしまうのは、肌に良くありません

たしかに皮脂汚れは気になる所です。

でも、皮脂は肌に必要なので、無くなりすぎると乾燥肌などのトラブルを招きます。

皮脂の不足によって、肌の中でコラーゲンや保湿成分が正常に機能しないことも・・・。

W洗顔によって、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまうのは、肌荒れを引き起こしやすい肌作りをしていることと同じです。

洗いすぎ、成分の取り除きすぎには十分注意しましょうね。

W洗顔が不要な理由③クレンジングオイルの後のW洗顔は肌への負担がとても大きいから

クレンジングオイルを使用した後は、肌が無防備になっていることが多いです。

元々洗浄力が強く、皮脂汚れまでしっかりと落とすことができる、

クレンジングオイルは肌への負担がとても大きいので、使い方を間違えると、

肌荒れしてしまう危険が考えられます。

肌を優しく洗いたい場合は、低刺激な成分が使われているクレンジングオイルや、

使用方法を守って使うことがとても大切です。

肌にやさしい成分は色々とありますが、

  • セラミド
  • スクワラン
  • コラーゲン
  • 植物から抽出されたオイル

などの美容成分が構成されたクレンジングオイルであれば、肌への負担が少なく

保湿成分を肌に維持したまま、クレンジングをすることができます。

「成分表まで見てなかった…」という方は、この機会にチェックしてみてくださいね☆

ちなみに!私イチオシのクレンジングオイルは、

この「アテニア クレンジングオイル」になります。

アテニアクレジングオイルW洗顔が不要

使ってすぐに「肌の状態を改善できる」とはいきませんが、

2ヶ月程使い続けたら肌がここまで明るくなったんです!

アテニアクレンジングオイル肌画像

最初はクレンジングオイルだし「どうなんだろう…?」と不安でしたが、

実際に使ってみてかなり良かったので、悩んでいる人にはおすすめしておきます(*^^*)

めぐみ

最後でもいいので、よかったらこちらのレビューも参考にしてくださいね。

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」のクレンジングって乾燥しないのかな?メイク落ちや角栓ケアの効果ってどうなんだろう?と、気になっていませんか?こちらでは実際に私が使用した過程を写真付きで評価しながら紹介しています。

クレンジングオイルの後にW洗顔が必要な理由3つ

W洗顔が必要な理由①クレンジングオイルだけでは落としきれない汚れがある

クレンジングオイルと肌の汚れ

クレンジングオイルは、とても洗浄力が強く、

場合によっては皮脂や水分まで奪っていきますが、汚れを落としきれないことも・・・

その場合は、W洗顔が必要不可欠です。

洗浄力が弱いものや、水にぬれても使用できるタイプなどは、

毛穴まで入り込んだ汚れやメイクを落としきれない場合があります。

油分などを取り除くことはできますから、大部分はメイク落としで汚れを落とし、

その後、最後の仕上げとして洗顔を行う必要があるんです。

「面倒くさいなあ…」と感じる人もきっといますよね?

しかし、このひと手間によって、肌を清潔に保つことができるようになるので、

ニキビや肌トラブルを予防することができるんです。

汚れが落としきれないと考えている方は、W洗顔をしっかりと行いましょう!

W洗顔が必要な理由②クレンジングオイルの油分がすすぎきれないから

クレンジングオイルは汚れをしっかりと落としてくれます。

ただ、気温が低かったり、ぬるま湯にしたつもりでも

温度が足りていないと、クレンジングの油分を落としきれないこともあります。

「お湯で洗えばいいのでは・・・?」と思った人もいるかと思います。

ですがクレンジングをした後にお湯で洗うと、必要な皮脂まで落としてしまうので、

肌にとって良くありません。

必ず、すすぐときはぬるま湯で肌を洗うようにしましょう。

またお湯で洗う場合、クレンジングによっては流しきれないことがあります。

そういった時は、W洗顔が必要になるので、

肌に優しい成分で作られた洗顔などを利用してくださいね☆

W洗顔が必要な理由③クレンジング後の肌のぬめりがきになるから

クレンジングオイルを利用すると、顔の周りが油分多めな状態となり、

「気持ち悪いな…」と思ってしまうほど、ぬめりが気になることってありませんか?

そういった場合は、しっかりと汚れを落とすという意味でも、W洗顔をしましょう。

洗顔することで、クレンジングオイルを利用したあとの不快感をなくして、

毛穴の奥に入り込んだ汚れまで洗うことができます。

しっかりとすすいだつもりでも、ぬめりが気になるという人は、

汚れを落としきれないこともあるので、

W洗顔を徹底し、肌トラブルにならないよう清潔に保つケアを心がけましょう♪

W洗顔が必要かはクレンジングオイルの成分や肌質で変わる

乾燥肌や敏感肌の人はW洗顔は不要

クレンジングオイルと洗顔

クレンジングオイルで肌を洗った場合、

そのほとんどが、その後洗顔が必要ないくらい洗浄を完了させることができます。

そのため、洗顔までしてしまうと、保湿成分の要であるコラーゲンや、セラミドなどの

肌に必要な成分まで奪ってしまうことも。

乾燥肌や敏感肌は、クレンジングオイルを使うだけでも、

気を使わなければなりません。洗顔まで行ってしまうと、

肌トラブルが発生してしまい、その後のケアにも影響を与えてしまいます。

「W洗顔しないと不安・・・」と思うかもしれません。

乾燥肌や敏感肌の人は、肌の状況にもよりますが、

W洗顔をしなくても十分肌をきれいにすることができるので、まずは、W洗顔しなければならない、

とイメージから変えていきませんか?

オイリー肌の人はW洗顔が必要

オイリー肌の人は、常に皮脂が過剰に分泌されています。

クレンジングだけでは、分泌される皮脂を取り除ききれないことがあり、

W洗顔は必要不可欠です。

皮脂を過剰に取りすぎてしまうことは、肌にとって良くありませんが、

オイリー肌であれば、しっかりと取り除くくらいでちょうどいい場合も多く、

W洗顔をすることで肌の健康を保つことができるんです。

皮脂の分泌量が多く悩んでいる人にとって、

クレンジングオイルの洗浄力はとても魅力的です♪

肌質改善のためにも、使ってみましょう。

クレンジングオイルの成分によってW洗顔の有無を決める

クレンジングオイルを利用していると、さまざまな種類があることがわかります。

例えば、

  • 石油系オイルを利用したもの
  • 植物性オイルで構成されたもの
  • ミネラルオイル成分が配合されたもの

など、肌に負担がかかるミネラルオイルや石油系のものもあれば、

肌に優しい植物性オイルで作られたクレンジングオイルもあります。

成分や使い心地を見て、「これはW洗顔が必要だな」と判断した場合は、

W洗顔を行いましょう。

ただし、使ってみて洗浄力が高く、肌がきれいになったことを実感できる場合は、

W洗顔の必要はありません。

成分や種類、使い心地の感じ方は人によって違いますよね?

自分が「これだ!」と思ったクレンジングオイルは、

W洗顔が必要なのか、不要なのか、実際に使ってみて判断すると良いでしょう。

めぐみ

おすすめのクレンジングオイルが気になるという人は、

以下の「クレンジングオイルランキング」も参考にしてみてください。

※こちらのページでは「おすすめのクレンジングオイルランキング」として、

私が肌トラブルに効果を感じたクレンジングオイルTOP3を紹介しているので、悩んでいる方はチェックしてみてくださいね☆↓

\私が選ぶTOP3/

クレンジングオイルおすすめランキング

おすすめのクレンジングオイルランキングTOP3を見てみる>>

クレンジングオイルの後W洗顔しないためには

クレンジングオイルの乳化が必要

クレンジングオイルの効果をしっかりと実感するためには、

「乳化」という作業は必須です。

乳化と言われても、いまいちピンとこない人もいますよね?

「乳化」とは、オイルを肌になじませてメイクを浮き上がらせた後に、

仕上げとして水を含ませた手でさらに肌を擦ることで、肌への負担を最小限に

メイク汚れをきれいに落とすことができる方法とのことを言います。

クレンジングオイルメリットメイク落ち

肌の負担が大きいクレンジングオイルですが、

乳化をすることで、肌への負担を軽減することができるんですよ(*^_^*)

ぬるま湯で20回以上すすぐ

「クレンジングオイルってすすぎ残しが気になる・・・」

と思っている方はいませんか?

クレンジングオイルは洗顔よりも多い「最低でも20回以上はすすぐ」必要があるんです。

お湯で簡単に落とせば、何度もすすぐよりも負担が少ないのでは?

と思った方も多いと思います。

しかし、温度の高いお湯は、肌から水分を蒸発させて

乾燥肌を助長してしまうので危険なんです・・・。

なので肌への負担を減らすためにも、すすぐときはぬるま湯が必須!

オイルは温度が低いと流れにくいですが、乳化していれば簡単に流すことができます。

アテニアのクレンジングオイルはW洗顔が不要

アテニアクレジングオイルW洗顔が不要

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」は、植物由来成分で構成されており、

肌にとても優しいクレンジングオイルとして人気を集めています。

肌に潤いを与えながら、メイクや汚れを落とすことができるので、

W洗顔は不要です。

アテニアクレンジングオイルメリット

また、セラミド、ヒアルロン酸などの肌に必要な栄養を残しつつ

クレンジングとしての効果はしっかりと与えてくれるので、

肌が弱い人でも安心して利用できますよ☆

まとめ

クレンジングオイルとW洗顔まとめ

以上が「クレンジングオイルの正しい使い方」についてのまとめとなります。

W洗顔することで、肌質によっては肌の赤みや乾燥を引き起こします。

そうなる前に、クレンジング方法を見直して、

正しい使い方でクレンジングオイルを利用すれば、次第に肌トラブルも解消されていきますよ。

正しい知識を身につけて、肌トラブルのない、きれいな肌を目指してくださいね☆

ここまで読んでくれた方は、ありがとうございます(*^^*)