クレンジングオイルは敏感肌でも使える!?選び方を間違えると危険?

クレンジングオイルと敏感肌

こんにちは!めぐみです。

「敏感肌はクレンジングオイルを使わないほうがいいのかな?」

そんな風に思ったり、悩んでいたりしませんか?

クレンジングオイルは肌への負担が大きいから、

敏感肌は使えないって聞くし、実際に肌が荒れたこともある・・・

こういった事って、たぶんよくありますよね。

こちらのページでは、

そんな「クレンジングオイルで肌荒れしないか不安…」という敏感肌のあなたに向けて、

クレンジングオイルの選び方を紹介しています。

めぐみ

このページを読めば、

あなたも「クレンジングオイルを安心して使える」ようになると思うので、
参考にしてくだいね☆

\クレンジングのおすすめは?/

クレンジングおすすめランキング

クレンジングオイルが敏感肌に向かない3つの理由

理由①クレンジングオイルは肌への負担が大きい

クレンジングオイルは、メイク汚れはもちろん、肌に付着したホコリ、皮脂なども

浮かせて落とすことができます。

そのため、洗浄力がとても強く、肌トラブルを引き起こしてしまうことも・・・

クレジングオイル敏感肌使い方トップ

クレンジングオイルを使っていると、

肌の乾燥やツッパリ感を感じることはありませんか?

オイルを肌に塗ると、肌が必要以上にこすれて摩擦が生じます。

肌から余分なものを落とそうとするには、摩擦は必須ですが、

擦りすぎると肌荒れがひどくなったり、肌質によっては乾燥肌がひどくなることもあります。

肌はできるだけきれいで、健やかな状態に保ちたいですよね。

うるおいを損なわずにクレンジングするためには、

肌に負担が少なく、汚れをきれいに落としてくれるクレンジングオイルがおすすめです。

今まで気にせずオイルを使っていた方は、

この機会に使い方を改善してみませんか?

ちなみに、私イチオシのクレンジングオイルは、

この「アテニア クレンジングオイル」です。

アテニアクレジングオイルW洗顔が不要

使ってすぐに「肌の状態が変わった」とはいきませんが、

2ヶ月程使い続けたら肌がここまで明るくなったんです!

アテニアクレンジングオイル肌画像

最初はクレンジングオイルだし「どうなんだろう…?」と不安でしたが、

実際に使ってみてかなり良かったので、悩んでいる人にはおすすめしておきます(*^^*)

めぐみ

最後でもいいので、よかったらこちらのレビューも参考にしてくださいね。

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」のクレンジングって乾燥しないのかな?メイク落ちや角栓ケアの効果ってどうなんだろう?と、気になっていませんか?こちらでは実際に私が使用した過程を写真付きで評価しながら紹介しています。

理由②クレンジングオイルは洗浄力が強いため肌荒れの原因になる

続いてですが、

クレンジングオイルは、濃いメイクでもきれいに落とすことができます。

そのため、洗浄力がとても強いので肌への負担が大きいんです…!

肌は洗顔後、時間が経つと皮脂などを分泌します。

皮脂は、多く分泌されすぎるとニキビや赤みの原因になりますが、

取りすぎても乾燥肌や敏感肌になってしまうので、さじ加減がとても難しいです。

たとえば、

  • 界面活性剤
  • 石油系オイル
  • ミネラルオイル

の3点が含まれているクレンジングオイルは、特に洗浄力が強く、

それに比例して「肌への負担」もとても大きくなります・・・。

洗浄力の強すぎるクレンジングオイルを使うと、

肌に必要な皮脂まで過剰に落としてしまうため、場合によっては肌によくないことも・・・。

クレンジングオイルを使う時は、肌の状態に注意しましょう。

理由③クレンジングオイルは肌に必要な成分まで奪う

肌は外から「化粧水やクリーム」などで栄養を入れてあげる必要がありますが、

中からの分泌も非常に重要なんです。

皮脂や体の中で生成されるコラーゲンなどは、

肌をきれいに保つ上でとても大切なため、

クレンジングの際、損なわないように注意して洗わなければなりません。

また、洗浄力が強すぎたり、肌に負担のかかる成分で構成されているクレンジングオイルは、

肌から必要な成分を奪い取ってしまいます・・・。

肌の健康を維持したい方は、肌に優しい成分で作られたクレンジングオイルを選びましょう。

クレンジングオイルが向いている肌質とは?

オイリー肌の人はクレンジングオイルが向いている

クレンジングオイルが向いている肌質

多くの方がご存じのように肌質は、人によって異なります。

中には、皮脂が通常よりも多く分泌される「オイリー肌」の人がいます。

オイリー肌は、日中普通に過ごしているだけでも、テカリなどの問題が発生するため、

ケアの際はしっかりと皮脂や汚れを落とす必要があります。

オイルタイプはメイクの他に、

皮脂汚れもしっかりと落とすことができるクレンジングになります。

なので、皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌の人との相性がとてもいいんです。

「オイリー肌だからクレンジングオイルと相性が悪い・・・」

と思っている人は意外にもとても多いですが、実は「間違い」です。

クレンジングオイルを避けてきたオイリー肌の方は、

この機会に一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

乾燥肌はクレンジングオイルは向かない

乾燥肌の人には、クレンジングオイルは向いているとは言えません。

最初に紹介したように、クレジングオイルは強い洗浄力と、肌への負担が大きいので、

皮脂だけでなく、肌に必要な水分まで奪って乾燥がひどくなることも…。

しかし、使い方や商品次第では、

乾燥肌の人でも問題なく使用することができます!

植物由来成分や乾燥を補完してくれる成分が配合されたクレンジングオイルなら、

乾燥肌の人でも安心して使用することができます

従来のクレンジングオイルよりは洗浄力が劣るので、

ポイントメイク用のリムーバーを併用するなどして、

工夫しながら使ってみましょう☆

使い方次第では、肌が弱くてもクレンジングオイルが使える

肌が弱い敏感肌の人は、クレンジングオイルとの相性が良くありません・・・。

しかし、使い方や商品によっては、

肌が弱い人でもクレンジングオイルが使用できるんです!

華やかできれいな人に憧れる人が多いです。

「肌が弱いけど、濃いメイクが好き!」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方でも安心して使用することができるのは、

配合成分にこだわった「オーガニック系のクレンジングオイル」になります。

「セラミドやコラーゲン」などの保湿成分もたっぷり入っているので、肌を守りながらメイクを落とすことができますよ。

それから「クレンジングオイルは肌が弱い人では使えない…」という思いや、

悩みを感じている人は少なくありません。

最近では肌に優しいクレンジングオイルがたくさん販売されているので、

この機会にぜひチャレンジしてみましょう!

めぐみ

肌にやさしいクレンジングオイルが気になるという人は、

以下の「クレンジングオイルランキング」も参考にしてみてください。

※こちらのページでは「おすすめのクレンジングオイルランキング」として、

私が肌トラブルに効果を感じたクレンジングオイルTOP3を紹介しているので、悩んでいる方はチェックしてみてくださいね☆↓

\私が選ぶTOP3/

クレンジングオイルおすすめランキング

おすすめのクレンジングオイルランキングTOP3を見てみる>>

敏感肌さんのクレンジングオイルの正しい3つの選び方

①クレンジングオイルの配合成分をしっかりと見極める

クレンジングオイルとオイリー肌

クレンジングオイルの配合成分に注目していますか?

「もちろん注目している」という方がほとんどですよね。

しかし、クレンジングオイルにはオイル成分だけでも数種類あるので、

肌に合うもの、合わないものを見分けることはとても難しいです。。

特に敏感肌の方は、

  • 界面活性剤
  • アルコール
  • 石油系オイル

の3つが含まれているものを使っていた場合は、要注意です…!

クレンジングオイルを利用して肌荒れの経験がある方は、

どんな成分が入っているのか、成分表を必ず確認することが大切です。

肌に負担のかかる成分が入っていた場合は、

すぐに利用をやめたり、購入するのをやめましょう。

②植物由来成分で構成されているクレンジングオイルを選ぶ

「植物由来成分ってたまに見るけど、なんだろう?」

と疑問に思ったことはありませんか?

植物由来成分で構成されているクレンジングオイルは、

肌に優しく、負担が少ないことが特徴で、

乾燥や肌トラブルを回避し、うるおいを残したまま洗い上げることができるんです!

肌トラブルが多いという人は、

植物由来成分が多く配合されているクレンジングオイルを使ってみましょう。

また、肌の乾燥や赤みを感じやすい人も、

低刺激のクレンジングオイルを利用すれば、肌の異常が感じにくく、

濃いメイクもしっかりと落とすことができますよ。

③「アテニア」のクレンジングオイルは敏感肌でも使える

アテニアクレンジングオイル敏感肌

「アテニア」のクレンジングオイルは、

敏感肌の人も安心して使うことができるように

「アルガンオイルやバオバブオイル」など、4つの優しい植物由来成分で構成されています。

アテニアクレンジングオイルロックローズオイル

そのため肌に乗せても低刺激で、

摩擦やクレンジングオイルの成分による肌トラブルを感じづらくなっています!

クレンジングオイルは場合によっては、肌の赤みや乾燥を引き起こしてしまいます。

ですが、全てのクレンジングオイルがそういうわけではありません。

アテニアのクレンジングオイルなら、安心して使用することができますよ(*^_^*)

敏感肌の人がクレンジングオイルを使うときの注意点

クレンジングのときは強く擦らない

敏感肌の人がクレンジングオイルを使うときの注意点

クレンジングの際は、肌をどういう風に擦っていますか?

メイクをしっかりと落としたい方といって、ゴシゴシと強く擦るのはよくありません。

クレンジングオイルを使用すれば、

優しい力でメイクを落とすことが可能です。

クレンジングオイルを利用するときは、

肌になじませたら、優しい力で丁寧にクレンジングしましょう。

優しい力でも、充分にメイクを浮き上がらせ、落とすことができますよ。

ダブル洗顔に気を付ける

クレンジングオイルの中には「ダブル洗顔不要」のものがあります。

ダブル洗顔とは、クレンジングの後に洗顔を行う事です。

しかし、クレンジングでしっかりと汚れを落とした後に、

さらに洗顔をすることは、肌への負担になることも・・・。

クレンジングオイルによっては、ダブル洗顔することなく、

クレンジングオイルだけで充分汚れやメイクを落とすことができるのもがあります。

使用前に、ダブル洗顔は必要なのか、不要なのかを確認しておきましょう。

クレンジングオイルの使用量にも気を付ける

クレンジングオイルの使用量は、クレンジングオイルの裏面などに記載されおり、

人によっては「この量は多いのでは・・・?」と思ってしまう量が推奨されています。

その理由は、たっぷりの量を肌に利用する事で、

摩擦による肌への負担を軽減することができるからなんです。

オイルの使用量が少ないと肌の摩擦が強く、肌荒れの原因となることも…!

なので、クレンジングオイルを利用するときは、

適量を惜しみなく利用するようにしましょう☆

まとめ

クレジングオイル敏感肌選び方まとめ

以上が「敏感肌でも使えるクレンジングオイルの選び方」についてのまとめとなります。

敏感肌の方の肌はとてもデリケートなので、

クレンジングオイルの使い方を間違えると肌トラブルを引き起こします。

普段のクレンジングオイルや生活習慣を見直して、

正しい使い方をすれば、安心してクレンジングオイルを使えるようになりますよ。

肌トラブルに負けない、健やかな肌を目指しましょう(*^^*)

ここまで読んでくれた方は、ありがとうございます☆